環境への取り組み

太陽光発電パネルを設置

秦野ガスは、地域に根差した環境活動の一環として、社内ショールーム屋上に太陽光発電システムを設置いたしました。

発電容量は約10kWで年間電気使用量の9%相当を賄います。

また、秦野ガスではエネファームと太陽光発電を併せた“ダブル発電”でエネルギーの地産地消による省エネを目指しています。
太陽光発電システム

エネファーム設置稼働中

ショールームに設置している家庭用燃料電池『エネファーム』は、CO2削減の切り札として期待されています。
ガスで発電しながらお湯をつくるため、気付いたら省エネできている、省エネ機器です。

エネオス・エネゴリ・エネファームのCMでお馴染みの、エネファームをショールームに設置することで、同施設の電気の一部を賄っております。
また、同時に施設内の体験設備である“床暖房” “ミストサウナ” “浴室暖房乾燥機”の熱源機としても使用されています。
さらに、上記太陽光発電と併せた“ダブル発電”にすることにより、1.CO2削減 2.エネルギーの地産地消による更なる省エネで環境に貢献をしています。
エネファーム

省エネ・省電力実績について

秦野ガスでは事務所の冷暖房にガス空調を使用しています。
省エネ・省電力対策として太陽光発電および自己発電機能付ガス空調設備(GHP)を導入した結果、買電量を40%削減しております。

構内照明機器のLED化

構内・事務室の照明にLEDを使用しています。
秦野ガスでは、消費電力の少ないLED電灯の導入を行いました。

秦野ガスでは、省エネ・省電力を目的とした活動として本社事務所および構内の照明機器のLED電灯への切り替えを行いました。
また、本社構内に太陽光発電設備や燃料電池等を設置し、更にガス空調の効果を高めるため事務所の全ての窓に遮熱フィルムを貼付するなどの対策も併せて実施しております。

カーボンオフセット・ユニフォーム

地球温暖化を防ぐために、CO2などの温室効果ガスの排出を減らす国際的な取り組みが、カーボンオフセットです。
秦野ガスでは、ミドリ安全㈱製のカーボンオフセット・ユニフォームの採用を始めました。

カーボンオフセット・ユニフォームは、CO2排出量をオフセットしたものです。
ユニフォームの製造工程で発生するCO2排出量のうち、1着あたり3kgのCO2を「カーボンオフセット」の仕組みを通じて相殺します。
ユニフォームを採用することによりCO2削減=温室効果ガスの削減に貢献することになります。

カーボンオフセット・ユニフォームについて詳しくはこちら ※ミドリ安全(株)ホームページ内

秦野エコステーション

天然ガス自動車(NGV)向けのガス充填施設を開設しています。
秦野ガスでは、ディーゼル自動車の代替車両である天然ガス自動車の普及拡大に協力しています。

秦野ガスでは、エコ・ステーション(天然ガス自動車用ガス・ステーション)を開設し、ディーゼル自動車の代替車両である天然ガス自動車の普及・拡大に協力するとともに、二酸化炭素、窒素酸化物等の排出量の削減に貢献しております。

身近な緑地の保全活動

身近な緑を引き継ぐため緑地保全活動に協力しています。
秦野ガスは(財)かながわトラストみどり財団に加盟しています。

秦野ガスは(財)かながわトラストみどり財団に加盟し、今残されている身近な緑地を次の世代に引き継ぐための緑地保全活動に協力しております。
※秦野の秦野葛葉緑地は、同財団によるかながわナショナル・トラスト運動の指定緑地第1号です。

お問い合わせ先

秦野ガス株式会社 総務企画部 総務課

TEL0463-81-2004(月~金 8:30~17:00)
FAX0463-82-7823

秦野ガス株式会社

〒257-0033 神奈川県秦野市室町 2番11号

0463-81-1616(代表)0463-82-7823

秦野ガスショールーム「cuore」instagram 秦野ガスショールーム「cuore」facebook

ページトップ